お知らせ / 活動報告

2017年04月

4/12 第1回定例会

平成29年度1回目の学校支援本部が開かれました

主な内容は・・・

校長先生より

「新しく指導要領がでましたが、神明は神明のスタイルで頑張っていきます

副校長先生より

「新しい先生を迎え、気持ちを新たに取り組んでいきます」

本部長より

入学式ではCS委員は教職員席にすわるなど、学校と地域の一体が進んでいます」

PTA会長より

「フレッシュな新入生、フレッシュな役員さんと1年間頑張っていきます!」

 

各部局より

サタスタ

「今年度はチューターと連携した運営を試みて行きます」 

地域コーディネーター

3月に3年生と清掃活動を行いました。煙草の吸殻が多く、大人のマナーの悪さを感じました・・ですが、町の人からも声をかけられるなど、まちの人とコミュニケーションをとることができました

環境整備

「寄付されたチューリップは順調に成長しているので、門の外にだすなど活躍の場を作っていきます」

部活動支援

「小学生の部活動体験は、6月終わりにおこないます」

議事

1.学校経営方針について(校長先生)

・教育大綱や指導要領などは全国を対象にしているのであいまいな言葉が多くなっているが、その内容の多くは神明中が実践しているモノである。

・学校経営方針は、基本的に今まで神明が行っている事と大きな変更はない

・持続可能な社会を目指して学びの系統性と連続性を保障するために、小中一貫教育を行っていく 

・事象だけを学習するのではなく、その背景までを考え、調べる力をつけることを目標とする

人間の考える資質能力を育てる教育を目指す

課題は「学区域内生徒の神明入学率を伸ばす」「各学級3クラスの確保」である

・各学級3クラスを維持できる81名が目標となる獲得生徒数である

そのために「勉強会など日々の授業改善」「職員室内の組織的なピラミッドを壊し、各教員の特性を発揮する網の目の組織づくり」を行っていく

 

2.神明クラブ設立のための決議

活動目的

①部活動の活性→顧問の負担軽減、地域人材の活用

②支援者の地域人材を確保するための地域のクラブ→コミュニティの拠点となり中学生が多くの人と接して価値観を形成する

・考える人材を育てる学校方針と一致している

・神明クラブも部活動をもとにして地域に開くことで、生徒になる小学生も増える

・神明クラブで部活の負担が減り、先生の特性が出ることが期待される

・私費負担などの課題もあるが、学校経営の面からすると効果的である

決議の結果、神明クラブは学校支援本部の部門として承認されました。

 

今年度も学校支援本部は、神明中学校を応援します!!

≫ 続きを読む

  2017/04/12   支援本部 HP管理者
タグ:活動報告