杉並区立神明中学校 支援本部のご案内

 

◇ご挨拶

 神明中学校地域のみなさま、いつも神明中学校を温かく見守っていただき、ありがとうございます。
 『地域に支えられて学校がある』という思いから、神明中学校PTAOBが中心になり、町会や同窓会の方々を顧問に迎え、学校を支援にし、地域に開かれた学校づくりを目指そうと「神明中学校学校支援本部」が設立されたのが、平成20年。以来、様々な取り組み・活動をしてきました。
このホームページでは、その取り組みを紹介するとともに、私たちと一緒に活動してくたさる方の募集もします。

内容をご覧いただき、連絡をいただければ幸いです。

神明中学校学校支援本部一同

 

◇神明中学校学校支援本部の活動

地域コーディネーター

講演会の講師を依頼したり、学習支援の準備をします。

担当 吉田・井川・赤塚

学習支援部局

サタスタの設置と講師派遣をします。

担当 井川

部活支援

年に2回程度、小学生が部活体験をするお手伝いをします。

担当 新海

環境整備

学校正門の花や校舎のグリーンカーテンの栽培と管理をします。
池の金魚の世話と池の衛生管理をします。
校庭に芝を植えて管理します。

担当 石井・赤塚

情報発信 ホームページの管理をします。
地域還元

PTAと協力して給食試食会をします。

担当 地域コーディネーター

その他 神明祭やもちつきなど様々な学校行事を支援します。
担当はなく、支援本部全員であたります。

 


学校支援地域本部とは?

 社会がますます複雑多様化し、子供を取り巻く環境も大きく変化する中で、学校が様々な課題を抱えているとともに、家庭や地域の教育力が低下し、学校に過剰な役割が求められています。
 このような状況のなかで、これからの教育は、学校だけが役割と責任を負うのではなく、これまで以上に学校、家庭、地域の連携協力のもとで進めていくことが不可欠となっています。
 このため平成18年に改正された教育基本法には、「学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力」の規定が新設されました。
 学校支援地域本部は、これを具体化する方策の柱であり、学校・家庭・地域が一体となって地域ぐるみで子供を育てる体制を整えることを目的としています。
 そして、学校教育の充実、生涯学習社会の実現、地域の教育力の向上をそのねらいとしています。
<文部科学省HPより>

 

 
所在地
 東京都杉並区南荻窪2-37-28
 杉並区立神明中学校 内
電話番号
 03-3333-7428
 

交通/アクセス

JR中央線または丸の内線荻窪駅西口下車徒歩15分
JR中央線西荻窪駅南口下車徒歩13分